【洋書】Stars of Magic (Soft Cover)

4,200円(税込4,620円)

夢のアンソロジーをお求めやすい価格で!
20世紀最高の奇術書をお楽しみください!!


Stars of Magicは今なお奇術史上最高と評される、まさに歴史的名著と呼ぶにふさわしい1冊です。以前はハードカバーでのみ販売されていましたが、少し前からソフトカバー版が発売され、よりお求めやすくなりました。
本書に収録されているのは、今や古典として定着した名作ばかりです。
「いまさら何故そんな本を……収録されている手品は全部知っている」とおっしゃる方もいるのではないでしょうか。
しかし、本書をきちんと読んでみると、他の解説書では書かれないようなちょっとした工夫があちこちにちりばめられていることに気付かされます。そして、このちょっとした工夫こそが本書を歴史的名著にまで引き上げたと言っても過言ではありません。
例えば、Dai Vernonの傑作“Spellbound”は、トリックの構造上に両手をはっきりと見せることが難しいと思っている方が大半でしょう。しかし実は、原案のSpellboundには両手をはっきりと見せるシーンが存在します。広く知られた手法ですし、当たり前のことではあるのですが、これをやるかやらないかではトリックの印象が大きく変わります。読んで頂きたいのはまさにそういった部分です。
良いマジックを演じるには、良い手法を学ぶ必要があります。その目的を達成するのに、本書以上の資料はないでしょう。
今なお燦然と輝く傑作選。まだお読みでない方はお早めにどうぞ。

■収録内容

Classic Ball Routine(John Scarne)
スリーボール・ルーティン。ここで解説されているボールのフェイクパスは、ゆっくり行っても本当に渡したようにしか見えません。

Silver and Copper Trick(John Scarne)
スタンダードとなった銀貨と銅貨の交換現象。
難しい技法を使わず、最高の現象を達成しています。

Triumph(Dai Vernon)
言わずと知れた傑作を詳細に解説。

Cutting the Aces(Dai Vernon)
演者がデックをカットする度にAが出現します。
腕に自信がある方はVernon Chronicleをチェックすると良いことがあります。

Spellbound(Dai Vernon)
ゆっくりとした手つきで演じられるコインの変化現象。

Kangaroo Coins(Dai Vernon)
グラスを使ったコインスルーザテーブル。

Pump Room Phantasy(Bert Allerton)
巧妙な錯覚によって構成された、テクニカルな4Aルーティン。
カードマジック大事典にも収録されました。

Bamboozle(Bert Allerton)
紙幣を変化させる理由付けが完璧になされたビルチェンジ。

Malini-Bey Chink-A-Chink(Sam Leo Horowitz)
角砂糖で行うチンカチンク。

The Egyptian Ball Mystery(Sam Leo Horowitz)
ビリヤードボールのトランスポジション。

Hanky-Panky(Emil Jarrow)
観客にシルクを持ってもらい、その上に新聞紙を被せます。
火のついたタバコをシルクの下から通し、ますが、破れているのは新聞紙だけです。

Decapitation(Francis Carlyle)
マッチの頭を削り取りますが、次の瞬間には元に戻ります。

Homing Card(Francis Carlyle)
今やだれもが演じるポケットに通うカードの原案です。

Wrist Watch Steal(Francis Carlyle)
ハンカチとコインの手品を演じつつ、観客の時計をスチールします。

Impromptu Cups and Balls(Dai Vernon)
即席のカップアンドボール。
ここで解説されるフェイクパスは、アイテムの重さや大きさに依存しないので覚えておいて損はありません。

Ambitious Card(Dai Vernon)
テクニカルなハンドリングのアンビシャスカード。

Mental Card Miracle (Dai Vernon)
5枚のカードを観客に見せ、その中から1枚覚えてもらいます。
そのカードがポケットから出現します。

Ring on the Wand (Dai Vernon)
観客に借りたリングが、ウォンドに入ったり抜け出たりします。

Slow-Motion Four Aces(Dai Vernon)
4枚のエースが1枚ずつリーダーパケットへ集まります。

The Travelers(Dai Vernon)
4枚のカードがばらばらのポケットへ一瞬で飛行します。

Cards Up the Sleeve(Dr. Jacob Daley)
10枚のカードが袖をつたって移動します。
綺麗に演じるのはかなり難しいので、技法の自信のある方はチャレンジしてみては。

The Itinerant Pasteboards(Dr. Jacob Daley)
ポケットに入れたカードとデックの中のカードが入れ替わります。

The Cavorting Aces(Dr. Jacob Daley)
デックの中に入れた赤いエースと、トップとボトムにある黒いエースが入れ替わります。

Cigarette Miracle(Slydini)
ふたつにちぎったタバコが復活します。

Flight of the Paper Balls(Slydini)
いわゆる紙玉のコメディ。

Flyaway Coin Routine(Slydini)
消えたコインが観客のポケットから現れます。

Rubdown(Ross Bertram)
テーブルに置いたハーフダラーを右手でこすると消え、左手の下から現れます。
もう一度行うとコインがダイム(10セント)に変化しており、左手を挙げるとクオーター、ダイム、ニッケル(40セント)になっています。

Double-Cross(Ross Bertram)
右手に持った銀貨と左手に持った銀貨が入れ替わります。
これほどダイレクトなカッパー&シルバーはなかなかありません。

Passing the Half-Bucks(Ross Bertram)
4枚のコインズアクロス。

The Porous paw(Ross Bertram)
非常に大胆な改めを行うコインスルーハンド。

Coin Assembly(Ross Bertram)
2枚のカードと4枚のカードを使ったコインアセンブリ―。
2段目に使われているフェイントを使ったコインバニッシュが非常に優秀です。かなり人を選びますが、知っておいて損はないでしょう。
https://www.vanishingincmagic.com/artofmagic/products/a-coin-assembly/
こちらでDavid Benによる実演を見ることが出来ます。うまい。

Leipzig's Opener(Nate Leipzig)
カードを選んでもらい、デックに戻します。
ボトムカードが選んだカードでないことを見せ、観客の手に乗せます。おまじないをかけると、観客のカードに変化します。
これをもう一度繰り返すと言い、観客に手を出してもらいます。
デックで演者の手をたたくと、選んだカードが表向きで落ちてきます。

Acrobats(Nate Leipzig)
2枚のカードが、非常にシンプルな動作で入れ替わります。

Leipzig's "Pride"(Nate Leipzig)
所謂スタックオブクォーター。数枚のコインが観客の手を貫通します。

Tear-Up with a Twist(Nate Leipzig)
破ったシガレットペーパーが復活します。

Malini's Card Stabbing(Max Malini)
目隠しした状態で観客のカードを突き刺します。

Malini's own Color Change(Max Malini)
マリニお気に入りのカラーチェンジ。スチールの方法がやや独特です。

Malini's Favorite!(Max Malini)
フェイクトランスファーからクーリンナップまで、全てが合理的なコインバニッシュ。唯一の欠点は体質を選ぶことでしょうか。

Royal Monte(Dai Vernon)
ロイヤルフラッシュが10のフォーカードに変化します。

The Art of Using the Lap as a Servante(Slydini)
デイリー博士による、ラッピングについての小論。
多くの示唆に富む内容です。読み返すたびに新たな発見があります。