南部信昭作品集 Vol.1 著 野島 伸幸

NAMBU001

500円(税込540円)

珍作家、南部信昭氏の珠玉の3手順
完成度は高いが、一般にはとても見せられない!!南部ワールドをお楽しみください!!


 南部信昭氏は、野島伸幸の先生にあたるマジシャンです。南部氏は元々トリックスのディーラーで、商品も出されておりますので、そちらでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、今回は氏の裏の顔である珍作をご紹介いたします。

 珍作とは「マジシャン相手にしか通用しない作品」というようにお考えください。いえ、南部氏の作品はマジシャンが見ても理解しがたいかもしれません。ですが、それぞれの作品は南部氏が検討に検討を重ねて手順であり、なんとも言えない魅力があります。かくいう私(野島)も、南部氏の影響で珍作を作り始めたくらいで、珍作のパイオニアとも呼べる存在なのです。

 そんな南部氏の数ある珍作の中から、私(野島)が惚れ込んだ3つの手順を収録いたしました。理解しがたいが、噛めば噛むほど癖になってくる。そんな作品たちです。

内容
1・リプレイ
・現象(解釈A)
 4枚のエースを使ってある種のツイスト現象が連続で起こる。最後にA234の4枚に変化する。
・現象(解釈B)
 局所的な時間の流れの滞留が起こり、時間ループに閉じ込められたマジシャンを、観客が救う。

2・素数は素敵
・現象(解釈A)
 なんだかんだで、一組のトランプ全体をフォーオブアカインドごとに仕分ける。
・現象(解釈B)
 コレクターズに秘められた重大な秘密を解明し、さらにトランプの数の謎に迫る。

3・消える予言
・現象(解釈A)
 4枚のキングの中に1枚のカードを入れると消える。もう1枚入れると、これも消える。
・現象(解釈B)
 姑息なマジシャンが、失敗した予言を、「論理のアクロバット」により成功だと言いくるめようとする。

B5版本編14ページ中綴じ製本